February 26, 2018

October 8, 2017

Please reload

最新記事

Neinコンサートレポ 5月24日

August 26, 2017

続いて2015年5月24日 東京国際フォーラムにて行われた9th Story Concert「Nein」〜西洋骨董屋根裏堂にようこそ〜を過去ツイートから引っ張りだしつつ、思い出しつつレポを書きたいと思います。

初日レポに大まかにほぼ全曲感想書いたので、セトリを書いてその後印象に残った事をピックアップして書いてます。

映像化されてるので映像で目立つところはいいかな、とはしょったりもしてます。

追加公演二日目。いよいよ千秋楽です。

 

入国証明印。

猫が一周しました。

足跡が全てついた最終日のスタンプを見ると猫は廻り続ける…って感じがしますね。(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

セットリスト

・檻の中の箱庭

・名もなき女の詩

・食物が連なる世界

・言えなかった言の葉

・憎しみを花束に代えて

・西洋骨董屋根裏堂

・涙では消せない焔

・愛という名の咎

・忘れな月夜

・輪∞廻

・最果てのL、星空の詩

・輪廻の砂時計

・焔

・即ち…星間超トンネル

・即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力

 

ついに千秋楽でしたがこの日、各曲のラストの演出が変更されました。

いつでもドキドキを提供してくれますね、これだからサンホラが大好き!

 

名もなき女の詩
・ルーナがパン屋スタイルに着替えたあとパン弟子が両手でガッツポーズしてて可愛かった
・「パンはまだ早……エンディミオン……!?」
  なんとルーナがエンディミオンに気づきました。あの瞬間の会場の空気ヤバかったです。

  千秋楽の恐ろしさを感じました。この後の曲もどうなっちゃうの!?っていう空気。

 


  食物が連なる世界
・平原さんのサックス生演奏がすごい……! サックスソロパートで死神が後ろにいるときのところの低い音の不気味さとかが好きでした
・食物のラストは

「お母さん、もう一度あなたを産むからね」

「やあ」

「あなた」

「今日は顔色がいいみたいだね」

「わかる?ふふっ」

 


 言えなかった言の葉
・言の葉のラスト

「先生これはどういうご関係の方ですか?」
「ああ、古い知り合いさ」
風役ダンサーさん先生と言の葉ママンの間を通り抜ける
「今日は随分と風が強いな……」

(手紙が風で飛ばされませんでした)

 

 

憎しみを花束に代えて
・女性記者がmarie*marie
・あっ、でも中の物は返してねってところでmarie*marieちゃん椅子からずっこけてて座り直す時にスカートパンパンしてたの可愛かった
 ・花束ラスト
 「ところで貴女そのお洋服……………………どうして赤じゃないの? 何故、何故なの、こんなにも貴女 を愛しているのに気に食わないとでもいうの? 出逢ったばかりだから? いいえ愛に時間なんて関 係ないわ。何故紫なの、どうして青に傾いてしまうの……!?」
 ステラが銃を構えて撃とうとしたところにノエルが現れてmarie*marieの手を引いて店を出る! カッコいい!
  その一連の流れをアビスが後ろから見つめていました。
 エリスの本質は変わりはしないんですね……。

 

 


 屋根裏堂MC
marie*marieの手を引いて歩くノエル
一旦退場してからノエルだけでてくる


ノエル「今のは幽霊か何かです。こんなシーンが見たかったという君達の心が生み出した幻だ。時間軸を考えなさい。この先進めなくなっちゃうだろ」


 ノエル「よし、今日もまた点呼をとるか。どれだけ猫がいるのか数えて保健所に連絡しよう。はい、プレミアム路地裏ウェーブ(いつものを二階まで)  ドローンはとばさなくてもいいな」
「2階梶浦ー!」(本当にいたらしいですね……!)


 (好きな曲は?の答えに食物)
ノエル「今日いつもと違うだろ? 元々Neinっていうのはifのストーリーじゃないか。別にifのifがあったっていい。どれが正解とは限らないってことをあのグラサンは君達に示したかったんじゃねえか」


 (次に当てられた人、石畳の赤き悪魔(シャイターン)って言ってました)
ノエル「ん? 石畳の赤ちゃん?」
残酷ナ~共ニ生キヨウまでノエルが歌ってくれました。


 リクエスト曲その2 澪音の世界
ノエル「その曲は俺わかるぜ」(祝賀で歌ってたからね!)
閉ざされた~残酷な夢を見る まで
歌い方がすっごいカッコよかった…。


その後、ノエルが自分から、ノエルでは絶対聴けない曲をって言って檻の中の箱庭を振りつきで歌ってくださいました;;;;
ワタシは眠るのが~同一のワタシなのでしょうか までだったと思う。
 


 西洋骨董屋根裏堂
・ノエルが引き出し開けてて黒猫ちゃん達に「ダメーッ!」ってされる演出があったのを大阪公演レポで読んだのですが東京公演千秋楽でもありました……!
 

 

涙では消せない焔

・この曲の最後にラーララー…とRIKKIさんが歌うところがあるのですが、その部分を「しあわせにおなりなさい」と歌ってました。ロマンが一番好きな私死亡。

 

 

愛という名の咎

・「ずっと一緒にいようね、エレフ」「ああ、もちろんさ」

 のところで死神がミーシャに赤子を渡しました。

 前日の公演のエレフがミーシャのお腹に顔を当てる演出があったのでこの日のは大分ゾッとしました。赤子を包む布が黒かったのも。

 

 

忘れな月夜

・最後にエリーザベトが「メル…」と呟いていました あああああああ;;;

 

 

最果てのL終了後

・花屋の娘が出てきて、「ノエノエ!?」とか言ってた気がする。

 その後ノエルが倒れて、その後のことはわからず……どうなったんだろうノエル。

 2017年現在ノエルについて触れられたのはごめんねTシャツの「そういえばノエ」ぐらいのような? その先はなんなんだ!憎い!グラサンが憎い!

 


 アンコール

輪廻の砂時計

・見たのは二度目なのですがエンドが違っていて、ぶりっ娘ちゃんが最後に「ばっかじゃないの……ばっかじゃないの……」と言っていました。(Neinの映像Disk2のものです)

 

・千秋楽にして初めて聴く事ができました。嬉しかった……。

 じまんぐさんが双子の人形を抱えていて、「一人で寂しくないように〜」のところで人形を棺に入れていました。最後の其処に物語は在るのかしら?でオルタンスがスクリーンに映っていました。

 

焔を聴けた興奮で当時は特に思ってませんでしたが、Rinneが発表されたこの日にやったアンコールが輪廻の砂時計と焔なのめちゃくちゃに意味深ですね。

 

 

 

そしてこの日、当時「王様に会いたい……」とホームシック(?)になっていたのですがついに王様と出会うことができました。猫耳が生え、R.E.V.O.を装着した王様に。

 

この日席は結構前の方だったのですが、陛下がこちらを向く度にグラサンの真ん中の光がピカピカと眩しかった思い出。

 

この後しばらくずっと猫耳姿で活動してたの面白かったです。R.E.V.O.の力つよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

星間超トンネル

・猫耳の王様がジャンプの時に猫ジャンプしてました。可愛かったです。

・陛下が手をあげるたびに手が猫耳にぶつかってた。

 

超重力

・ジャンプする時の手の向きを「王様に合わせなさい!」って言ってた。最初えーっ、て言ってたローランがそれ言われたらスッと従うの流石。

 

 

Revo陛下のMCすごく良い事沢山言われてました。

サンホラの会報38+39でそのMC内容書いてあってありがたやです。何度も読み返してます。

「僕の名前を言ってみろ。それが答えだ。この平和な時代に音楽で革命が起こるところを見せてやるよ」は痺れました。生でこの言葉が聞けた事が嬉しい。もうこの人に一生着いていこうと思います。

 

 あとRevoさんがこの時代のこと平和な時代って言った時
涙焔の≪平和な時代、豊かな国、愛してくれる人》(相応しいロマン)を見つけたなら何時か、産まれておいで…の歌詞を思い出してしまってなんか感極まってました。

 

 

駆け足でNeinコンサート東京のレポを書きました。

もう色々を覚えてない事だらけなので穴だらけですが、自分の日記帳なので気にしない!

今は進撃の軌跡のライブツアーに何度か参加してるので、そのレポもこちらにまとめつつ、また過去に参加したもののレポも残せたらなと思います。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now